FC2ブログ








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

考察 

お奨め度:★☆
『Lの新世界』
収録時間:120分
監督:坂本太さん
出演:友田真希孃・真崎ゆかり孃・西山優子孃・真田ゆかり孃・志村玲子孃・滝澤クリスタル孃・渥美イオン孃



私評:★

餘白
Lののなんたらという事で、一瞬某洋ドラマシリーズを思い浮かべてしまいましたが、そちらというより、知らないお方のほうが多いと思いますが、惱みを持った女性が癒しを求めるという設定?の漫画『奇蹟御殿』を思い浮かべてしまいましたけどね。

今作品、出演女優さんが多いんで、焦點がぼやけてしまい、友田真希孃が、オーナー風な感じで魅力的だったんですが、魅力が半減?ぽい感じに思えしまいましたね。
同姓が好きなんだけど、それを隠してきたんだけど・・・、という感じ流れと、旦那とうまくいかないとぐちを近所の奧樣に、その奧樣に誘われるまま・・・と、話が2つ?あって、誰が主役なのか今ひとつ分りにくいドラマなんで、もう少しっていうかね。話がうまくまとまっていない風でもありで・・・・。
絡みに関して言えば、意外と隱語責めがうまかったのが、多分?志村玲子孃?だったんじゃないかな。友田さんはうまく、全体をフォローしていたんで、そこそこだったんではないかと思いますが、、細部を見てしまうと、絡みの今一歩間が強かったですね。もう少し互いを求め・求められるような絡みであって欲しかったですし、ペニバンは余計だったかもしれませんね。
ただ、ネコ役の方々が、どの方も單調だったんで、やぱり、レズものって、受けのうまい女優さんに光が当たりますが、どうも受けの女優さんがうまくないと、盛り上がりにかけるような氣がしますね。
滝澤クリスタル孃、某女性アナウンサーさんに似ているっていう事でしたが、確かに遠目では似ているような氣がしますが、ハーフ?の方なのか、日本語が片言だったんですが、それをうまくいかした設定もないんで、どうもねって言う氣がしましたね。
レズに不慣れではある方だとは思うんですが、喘ぎも抑揚がなく、体の反応もいまいちなんで、結構この方目当てにって所もあったんで、肩透かし感が強かったですね。(^^; 友田孃ともうお人方二人攻めって言うシーンもあったんですが、時間が短かったような……。
又、女優さんには失礼だという事は重々承知の上ですが、段々腹だったり、がりがりだったりと、この點は好みの問題ですが、脱いでしまうとっていう女優さんがいたのが少しね。
女優さんが沢山出演していた割には、友田さん以外あまり印象に殘らないのは、殘念な氣がしなくはないですね。
 


では又、( ^o^)丿~
スポンサーサイト
[PR]

2008/10/26 グラフィティジャパン | コメント(-) | トラックバック(-) |






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。