FC2ブログ








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

後影 

お奨め度:★★☆『GIRL FRIENDS』
出版社:双葉社
著者:森永みるく


私評:★★

餘白
凄く素敵な作品なんですが、やはり一般漫画誌というわけでないのかも知れませんがが、男性の影がちらつくんですよね。そこが凄く嫌なんで、評價が低くなってしまうのは残念なんですが・・・・・・。
それでしか評価をしていないのかと思われるのも又困ってしまうんですが、作品としての面白さより、女性だけの世界観を重視してしまうたちなもの立ったりするんですよね。(;´▽`A``
何方が仰っておられたんですが、同じ雜誌に掲載の『女子高生』大島永遠さんの作品と、ベクトルは違うんだけど、何となくって言われていたんですが、それ当たっているような氣がしますね。
大島さんの作品に、百合(レズ)的な見方をされておられるお方も多いようですが、それよりかは、この作品は百合だとは思うんですが、二次作品における百合の難しさというかなんというか、私的には邪魔でしょがない、異性存在が強いんですね。
それでも、他の作品に比べれば(百合姫關連を除く)、百合が強いといってもいいような?終了してみないとなんともいえないのが困るんですが・・・、そういった意味でも、百合姫降板は残念です。

作品の感想から関係のない話で申し訳ないんですが、この作品を読んでいると色々と考えてしまうんですね。百合作品の発展性とか、面白さと儚さとかね。
そういった意味でも強烈な印象を与えてくれる作品ではありますね。どのように収斂ししてくのか分りませんが、(こう書くのは嫌なんですけどね)BL系とは違い、絶対大丈夫だとはいえないのが、困りものではあるんですよね。
一口に、百合ファンといっても、百合(が)というお方と、百合(も)って言うお方がおられ、それもまた、このジャンルというほど数はないんですが、百合ジャンルの面白さと、危うさなのかもしれませんね。
話が飛び飛びで、おかしい考察になってしまったことをお詫びします。
 

では又、( ^o^)丿~

追伸
レズAV全然見れてない、来年は、もう少しレビューを書きたいとは思ってはいるんですが、思っているだけで、終ってしまうかも知れませんね。
スポンサーサイト
[PR]

2007/12/29 書籍 | コメント(-) | トラックバック(-) |






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。