FC2ブログ








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

考察 

『立花里子の奴隷部屋』
出演:立花里子・綾乃梓
時間:120分


私評:★★★★☆

餘白
いやー、久々に、いいといえる作品に出會えましたが、、、、手放しでの大絶賛とまではいえませんけどね。(^^;
ペニバン・雙頭ディルドー等が、使わなくてもとは思ったりしたんですが、ローター、電マの使い方の上手さに驚き、兎も角、立花さんの凄さが際立っていましたね。
激しすぎず、それでいて適度に強壓的、優しく魅せつつも横柄な態度、緩急が凄く良く効いていて、激しい物もそれはそれで好きですが、それだと、レズっていう雰囲気が薄くなってしまい、もう少しっていう面はありますが、この作品内での立花さんの立ち振る舞いは、各女優さん方には、是非真似してほしいなぁーと思えるほど、男性では出せない魅力?【男女買ってないので比較は出来ませんけどね、苦笑)なのではと思ってしまいましたね。
又、綾乃さんの少し緩慢な所作があれなんですが、それでも、立花さんから攻められる時の表情等がいい時があったりするんで、。中々ではと思えましたね。
ただ殘念なのが、照明が、特に前半が黄色味ががっているような感じなのは殘念でしたね
又、少し、綾乃さんへの胸責めが足りなかったような気もしますね。
そしてネックだったのが、ご主人樣という科白がね、途中からリコ様になったのは良かったんですが、お孃樣の方が良かったですね。まあ豫斷ですが・・・・・。
衣装も、これまた、中々良かったですね。立花さんの最初のゴージャス風な衣裝、短パン系で、バックショットが良かったです。

特に印象深かったのが
メイド犬調教、自らの体にミルクを垂らしながらの責め、綾乃さんがもう少し、ワンワンいって元は思いましたが、贖入した犬を飼いならすかのような感じで、良かったです。
設定は分らないんで、
いい感じの衣裝に着替えた、お二人、綾乃さんをローターでっていうシーンで、いきなり、「金の斧・銀の斧」の話をしだす、立花さん、上手い事書けないんですが、このシーン凄く印象的で、その後、電マで、潮というか尿?噴出になってしまったのが殘念ではあったんですが、ローターでの攻めの場合、單調になることが多いんですが、上手いなぁーと抜くのを忘れて、見入ってしまった(とは大げさですが)それくらい良かったシーンに思えましたね。
ペニバン等のシーンは、私的には嫌いではないんですが、この作品で使う必要性をあまり感じなかったのは確かでしたね。

「奴隷部屋」っていう題名と中身が余りあっていないように思え、「調教部屋」の方が良かったですかね。
メイド設定が、最初だけっていうのが少し残念です。最後もメイドで閉めてほしかったですね。
立花さんの上手さ、彼女の場合、手が疎かにならないんですよね。爪を立ててヒヤーとやる事多いんですが、意外とそういう事する女優さん少ないんですよね。女性らしい手の使い方なんで、他の女優さんも是非まねしてほしい技ですね。(’’;
後、尻責めのとき、結構勢い欲吸ってくれているんで、尻舐めとは良くあるんですが、キューってなるくらい吸うっていうシーン、殆ど見る機會ないんで、このシーンもまた好きな行爲でしたね。
舌だしてだけではなく、いいキスも見られたんで、もう少し密着の激しいキスが見たかったのは否めないんですが、中々いいキスシーンもあったので、嬉しかったですね。キスの緩急がもう少しよければとは思ってしまったのは、ここだけの話です。

科白と、動作が上手いんですよね。顏をグーって相手に近づけたりするシーン、いやーもう、堪能しまくりでした。息吹きかけるシーンも、意外とする女優さんいないんで、オオッって思ってしまいました。
後半シーンが、私的にはあんまりって感じはしまい、前半シーンのような展開が終始って感じなら最高だったんですが、ないものねだりかもしれませんね。
シリーズ化ならずって感じになってしまっているのが殘念です。
 

では又、( ^o^)丿~

見所、
全般というより、前編が良かったですので、そこら編を中心に




イメージショットが凝っているんで、本編が心配もしましたが、以外と良かったです。もう少しドラマ設定があればとは思ってはしまいましたが、そうすると綾乃さんが……、になるのかも、難しい所かもしれませんね。

それほど高低さなかったんですが、綾乃さんて身長ある方なんですね。

 もう少し何らかの科白の応酬が見たかったような

この作品の肝? 

綾乃さんが、凄く愛らしく見えました。

 
尻攻めが印象的でした




この中間シーンで、潮?尿?吹きシーンがあるんですが、どうもね……。

後のシーンも、色気的にはいいんですが、行爲がそれに伴っていないようにも・・・。
スポンサーサイト
[PR]

2007/10/13 GLAY'Z | コメント(-) | トラックバック(-) |






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。