FC2ブログ








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

初演 

「乙女はお姉さま(ぼく)に恋してる」 (通稱・「おとぼく」といわれているようです)
乙女はお姉さまに恋してる I =限定版=
乙女はお姉さまに恋してる1 =限定版=
出演:宮小路瑞穂役:堀江由衣・十条紫苑役:松来未祐
監督:名和宗則
販売:キング


作品:紹介文
名門の家に生まれ、成績優秀で優しき心を持つ主人公。そんな彼が、祖父の遺言で性別を僞って女學院に編入することに!?果たして、どんな運命が待ち受けているのか?
 大元は、アダルトゲームが原作(後・通常ゲーム化されたようです)らいいですね。、アニメ化にあたって、ひと悶着があったいうことも、ゲームが相当売れた作品らしいという事などは、一応知ってはいました。
最近のアニメの傾向で、アダルトゲームから、コンシュマー機(アダルト要素を削り)されて、TVアニメ化という物が多いようですね。アニメ放映自体はしっていても、あまり見たりはしないので實際どのような物なのかは知りません。
「乙女はお姉さまに恋してる」始まったようですね。早々とYou Tubさんにてあがっていたので、チラッと見てみました。
いきなり、かような行爲をしているかというような声に、手だけがうねうねと、なので。(それを連想されるような、大人クイズっぽい)ストパニもあざとい演出がありましたが、ちょっとびっくり、(本編がそんな始まりなのかは分りませんけどね。笑)
祖父の遺言で、女子校に入る羽目になってしまった、主人公の少年が、女装したら、容姿端麗で、全校生徒の注目の的になり、ひと騒動という大まか言ってしまうとそんな感じですかね?
今回はトイレ云々でという事で、ばれないようにという流れだったので、やはり、アニメなので、女性キャラに見えますし、声優さんの男性っぽい声とは若干違う(でも流石でしたけどね)
ウーン、微妙。
話としての面白さ、周りの女性キャラ同士で何かあればという事があったとしても、私はどうも、苦手な雰囲気ではありましたね。
最終話を、どのような方向性に持っていくかとか興味はありますが、YouTubeは、今後どうなるのか分りませんが、あがっていれば見るかも(苦笑)

「ストパニ」が必ずしも良い作品だった思えないのですが、「おとぼく」は、何でなのかとかは、明確にいえないのですが、肌に合わなさを感じましたね。何でだろう


女裝系が増えているようで、漫画・小説でも表紙買いは難しいようです。又、ふたなりと女裝は、又別だったりするようですね。(^^;

では又、( ^o^)丿~
追記
ちなみに、下記の作品が大元のようです。
処女(おとめ)お姉さま(ぼく)に恋してる

スポンサーサイト
[PR]

2006/10/21 アニメ等 | コメント(-) | トラックバック(-) |






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。