FC2ブログ








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

考察 

お奨め度:★☆
『レ・ズ・ビアン 18』
収録時間:76分
出演者: 田中梨子孃・立花瞳孃
監督:-



私評:★

今作品上の女優イメージ:       
 (立花瞳孃が印象的でしたので、エステシーンをもう少しうまい演出でやってくれたらもっと印象が良かったと思いますけどね。
舞台・衣装: 
(上記で言った様に、今ひとつ女優さんを引き立てる感が弱かったです。)
キス:     
(若干ベロキスの度合いが強かったかも、もう少し密着度の強い濃厚なキスシーンがあっても良かったかも。)
胸もみ・胸キス等: 
(エステシーンでこねくり回すカットが殆どなかったんで、全体的に印象が弱かったですね。)
クンニ: 
(調教っぽいカットで、もっとぐいぐい押し付けるような又、吸い付くようなクンニカットが欲しかったですね。)
貝合わせ: 
(もっともっと、腰振って欲しいなぁーって思ってしまいましたね。)


餘白
うーん、やはりジャケ寫のメイキングシーンが割り込んだのは返す返すも慙愧に耐えませんね。折角いい女優さんを使っているのにもったいなかったな感が強かったです。
後、科白が殆どないに等しいのも残念でしたね。
攻め受けもあまりかっきりしたようには見えなかったのも惜しい気がしましたね。責めるなら責める受けるなら受けて欲しいです。両方が互いを求め合うっていうなら、もっと、がばっと、こうもんどりうって欲しいものですけどね。

立花瞳孃がすごく色っぽかったのが印象的でした.

今作品では、設定らしきものはあるんですが、あれって言う間に絡んでしまうんで、流れ重視な人なんで、あまりドラマ風ではなかったのが残念でした。
U&Kではあまりない設定ですが、先生と生徒設定の作品で見たかったなぁーと思ってしまいましたね。(^^;
 



では又、( ^o^)丿~
スポンサーサイト
[PR]

2008/11/02 U&K | コメント(-) | トラックバック(-) |

考察 


『女子校生れず 先輩と私 47』
収録時間:77分+3作品のメイキングが数分
レーベル:アップル
監督:-
出演者:新堂真美・矢田涼子


私評:★★☆

餘白
ご免なさいなんですが、、二人とも、それほど可愛いっていうタイプではないんですが、クラスに普通いる、ちょっと可愛い娘って感じで、設定がせっていなので、リアルな感じで悪くはないんですが、それゆえに、私服衣装なんですが、可愛くさせようとしているのは分るんですが、ダサさが強かったように思えましたね。
終始キャハウフフなのが残念、キャハウフフ系、結構好きなんですが、最後ぐらいは、真剣さ的な感じを強く出してほしかったですね。
最初の二人の掛け合い、凄くいい感じだったですが、キスシーンが今一歩感が強かったですね。ここはあまり舌出しとかせず、キツツキ系で尚弱く、又、もう少しキスを止めて、会話を入れて欲しかったですね。
後、これは、聞き間違えかもしれませんが、最終シーン、どこだと書くと、見るお方の印象を強めてしまい書きませんが、スタッフの声とは言えない呻き?声のようなものが聞こえているように思え、特典映像内でも、まあ、特典映像ないなら、でも極力……。
別作品でしたが、ドラマ部分で男性スタッフが声かけあったりしたのも、あれもいやだったんですよね。と、脱線してしまいましたが、元に戻して、
最初流れは、二人が凄く自然に見え凄くよかったんですが、そのあとの設定のグダグダなように思えしまい、絡み自体はそれほど悪くはないんですが、そこに至るまでがどうもって思えてしまったのが残念です。

流れとしては、ちょっと聞いてくれる、私バイセクシャルのって言うさらっと告白な感じの流れから、私の事好き?と、真美ちゃん、もう少し練ってもとは思ったんですが、それほど悪い流れではなかったんですが、ね
いきなり、ラブホに入って、涼子ちゃんが、バックから脚攻め、ここはあれだったんですが、そのあとの、お尻から攻めは、もう少しお尻を撫で回して欲しかったんですが、結構良かったですね。
最終シーン、いきなりバスタブに、制服姿まま入ろうと誘う、真美ちゃんが、シュールでしたね。
行為とは関係ないんですが、最初のシーンで、真美ちゃんが告白?するシーン前に、階段上るんですが、カメラが下からあおっているんで、パンチラなショットが入っているのが良いです。ただ、真美ちゃんだけだったのが残念。パンチラ、AVぐらいでしか見られませんからね。(苦笑) ちらほら今後も入れていって欲しいなぁーパンチラショット。(’’;
 

では又、( ^o^)丿~
2007/09/27 U&K | コメント(-) | トラックバック(-) |

考察 

お奨め度:★★(設定などを気にしないお方ならもう少し★上がるかもしれません『コスプ・レ・ズ VOL.4 レズ淫落聖女』
江口美貴&早乙女みなき 
レーベル:Queer
監督:≒
道具:浣腸器チラリ、
私評:★☆


展開
今囘は、コスプレという感じは強いのですが、、両者のコスチョイスの不自然さ(単独でみると似合ってはおられるのですが…)で流れを掌握出來ませんでした・・。
大枠的には
◇何をしたいのか分かりませんが、牢屋に入れられているシスター美貴に、SMの女王樣???のみなきが、入ってきて、誘惑の胸もみ・”体は正直ね・・”と甘い誘い
”こんなことしたら罰當たりますよ”なら當ててみて・・・
途中で、お浣腸シーンが入りますがが・・・。
そうこうありで、美貴孃イキ果てされるのですが、美貴孃が、最後まで氣丈さを失わないような感じは、中々良かったと思いますが・・。
◇何故だか、部屋の一室で中途半端な龜甲しばり、これまた微妙に欄間からつるされているような感じの巫女みなき 微妙にもがいていると
と・・そこに、薄汚い襖に冩る影・・・
忍者美貴參上 ・・・
「もがけばもがくほど痛くなる」(ホントー・苦笑)
「これから一緒に樂しみむんだから」」
もう少しカメラワークが何とか・・・、
いつ解かれたのか、尻を見せ四つんばいなっている巫女みなき (・o・;) 
畫面が斜めですし、少し遠目からなのが・・・またなんともハヤ。
「どう藥の效き目は」なんか塗ったようなのですね。 「祕藥の效き目はどお」とかだと、情緒があるような・・・。忍者ですし…、何か手につけるシーンから、塗っている感じを出して欲しかったんですね・・。
「アツイ・」
モザイク、2世代前のインディーズ系な感じで、同業他社に比べるとね。中々色々嚴しいでしようが、、薄さより大きさが氣になりましたが、男女物でこんな感じだと、中々大變かもね、とか、要らん心配をしてしまいます。
”見ろ・くわえ込んで離さないじゃないか・・」(指)カメラワークが多少難あるかもしれませんが、結構いい感じではありましたね。
”私にも氣持ちよくされておくれよ”
◇シスター美貴と巫女みなき のキスから始まる
コス好きな女の子が、シスターと巫女服でという感じですかね?
行爲としは、中々良かったのではないかと、もう少しクンニしている時とは、そこのUPがみたいというお方も多いかもしれませんですけどね・・。(微笑)
最終チャプは、全脱ぎですので、後、みなきちやんのイキ、以外と撮っていたのでは思いますがどうなのでしょうかね。
結構密着濃厚系のキスもありで、行爲としてのみどころは結構ありましたね。照明具合がなんとなっていれば、一押しにしたいくらいでした。最後の方では、美貴ちゃんも乘っていた感じもありましたし・・。
美貴ちゃん、イキ果てると、あそこに手を持っていくのが癖なのでしょうか?最初のキャプ・最後のキャプではそんな感じで、他のご出演のレズ作品を見たくなりました・・。(笑)

#最後
プロフィール閉めなのですが・・。

餘白
第一チャプ、全體的に黄色みががっていて、U&Kさんの場合、照明具合があまりいい感じでない時が結構あるのですが、今囘もそれがもろに出てしまっている感じに思えてしまいました。
みなき孃の衣裝、シスターか何かを最初は着て、脱ぐとボンデージ風な展開だと、淫落感が出たかもしれないかもとか?
みなきさん、色々な方の演出での影響なのでしようか、それとも今囘の設定なのかは分りかねますが、いきなり舌だしてのキス・・・、お好きな方にはたまらないというか、マニアなお方だと、もう少しという方もおられたかも知れませんが、最初は輕めから方が好きな者としましては、…どうも最近若干苦手になりつつあります。後、みなきさんの口紅が強かったので、美貴さんの口囘りが口紅で汚れるのが・・、淫猥と思えば良いのかも知れませんが・・・。別な表現で、淫猥さを見せてほしかったですね・・。
”女のよさを知らないのね”で、美貴さんの口をペロット舐める仕種は中々良いとは思うのですが、最初のキスから舌出しなので、このシーンが何か生きてこないような氣もしたり・・ね。(^^;
”舌出しなさい”系もなんかありきたりな表現なんですよね・・。だからと言って他のh表現方法が思いつくかというと難しいでしょうけどね・・。("▽"*)
グリセリン?を浣腸するシーン、多分見られたお方の多くが、疑問を持つてしまうカット割だったと思います。本當に入れているのってね。別段みたいシーンではないのですが、U&Kさんの場合、そこら邊の爪の甘さがあるような感じですね。女優さんを慮るおもんばかるのでしたら使わない、出來る女優さんなら、しっかり見せる事も大切だと思いますが・・・、どうなんでしょうね。別段液シャー系は苦手なのでなくてよかった氣もしたりするのですが、そのようなシーンがないので、アレッと思うお方も多かったのではないでしょうかね?
第2キャプ 
全體的に照明が暗い・・。
巫女と忍者、ウーン、巫女に思いをはせてる忍者が、とうとうという設定なのか、巫女から何かを引き出そうとしている設定なのか、場所も何か半端な所なので、
ここでも、舌だして云々があるのですが、密着の激しいシーンも少しは欲しかったですね。
美貴さんの指攻めは、中々良かったのですが、もう少しカメラワークが・・。
反応度の高い、みなきさん、そこら邊をお好みなお方としては、もう少し脱ぎ加減が良かったかもしれませんが、私的には、こんな感じも好きですね。舐めている所をもう少しUPという方も多いのでは思うシーンもありましたけどね。
四つんばいで責め責められている時、ウィーンという音が聞こえるような氣もするのですが、空耳!?
痙攣の餘波でぴくつくシーンも撮っているし、半裸なので好みが分るかもしれませんが、U&Kさんの場合、終わりが、結構さらっとしたものが多い作品の中では、意外とよく撮っていたのではと思いますが・・・どうなのでしょうね。

第3キャプ
シスター美貴と巫女みなき
ウーン、最初の設定とかに、なんかからんでいるとか何かなのでしょうかね? (・o・ )
ここは、途中から全裸になるので、そこら邊がお好きなお方にとってはあって欲しいシーンかもしれませんね。
始めに何かあった上で、からんで欲しかったので、行為自体は中々見所も豐富ではあったのですが、もう一工夫を見せて戴けると、申し分なかったのですが、贅沢な願いかもしれませんね。
みなきさんは、上手いのは勿論なのですが、結構、美貴さんも積極果敢な姿勢も垣間見れ、よろしかったのではと思いますね。

#最後のプロプ、キャプして氣がついたのですが、テロップがちゃんと表示される前に、お顏冩眞が流れてしまうのが・・。まあ、すぐ別の冩眞で完成するのですが、欲しい冩眞が・・

参照
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
早乙女みなきさんの項
江口美貴さんの項
φ(・-・ )
2006/04/15 U&K | コメント(-) | トラックバック(-) |

考察 

 お奨め度:★★★★『レ・Zu・ビアン』

レーベル:Queer
監督:-
出演:松坂樹梨&杉森風緒
収録:111分

道具:小さめの双頭ディルド・大き目の双頭ディルド

私評:★★★☆ 全體としては惡くはないのですが・・、衣裝面が少し・・。(全裸進行が多いですけどね・・笑)ディルド入れての最後のバックシーンが少し・・

展開

他の卷では、設定らしき卷もあるのですが、この卷では、きっきり(きっちり)としたものを、感じませんでした。フト、義理姉妹・・・?という感じを想定してしまいました・・。

∇『幼痴』と、同じ、ドアが開き・・・。ほふく前進・・ではなく、樹里c・風緒cが、入ってきて、壁を背にキス・・・耳舐め等がありますが、キスキャプですね。

樹里cに責めさせているという感じさえみえ、風緒cの貫祿が漂います・・(苦笑) 相手を觸る時、少しぎこちなさ感があるのが殘念ではあるんですが、大抵のお方は、氣にならないと思います。「二人でシャワー浴びよう」

と、

∇更衣室で、着替え・・・って、風緒cが、樹里cを後ろから抱きしめ、鏡にその姿を映させながら・・耳元にキス、向かいあわせにしてキス・・・胸舐め・・指マン・・・で、生かせます。多少、樹里ちゃんに責めさせますが、ほぼ主導權は風緒cが握ってますね。

∇二人で洗いっこ・・・責めという感じより、和氣藹々という、後の爲の休養とでもいえましょうか・・(^^;

∇樹里ちゃんのイキまくり、
ラブホテルの一室で・・、(ベットに備え付けのボタン類から)

紫色のシーツだったりするし、最初は、家でという設定かと思ったらなんか違うので、全體のイメージを阻害させます・

風緒cの凄さ全開ですね。ただ惜しいのが、吸いの激しさが少し抑え目な所?(笑)

キス胸舐め、指マンで、イカセ 69になり、イカセ。風緒cもイキマスガ・・。
雙頭ディルドーを入れーの風緒cが、もう片方をフェラしながら、動かし・・・
ディルドーの兩者がいれての、向かい合わせの貝あわせ、樹里cが、イキ
「ごめんなさい先にイッテ」と、可愛げに、又貝合わせに向かい、風緒cがイキ?
大きめディルドーを、樹里cに入れ、先ずはイカセ。
バックでいれて、相互イキ・・・。
fin

行爲面では、もう少し、キスを抑え目であると良かったんですが、風緒孃の、やわらかめの責め語の良さと、恥ずかしいだけどもという、樹里孃の感度も良かったです。

行爲が、拔群だっただけに、舞臺設定のチャチサが、私的には目立ってしまったように思いました・・。また、風緒c、折角長い髪なのに・・・。クチュクチュト結わかれてしまって、似合っていなくはないのですが・・。


風緒ちゃんの上手さは、責め語の上手さ、吸い付きの凄さ、長い舌を器用に使った舐めの良さ、フト、休業(引退)してしまったのでしょうかね?もしそうだとしたら、いい逸材を失ってしまったものですね。難をいえば、さわり方が少しぎこちなさを感じますが、そこら邊は、色々と出て下されてくれれば改善していくのはと思っていたんですけどね・・。
受けも意外もいける口だと思うので、色々な設定のレズ作品でみたい方の筆頭なんですけどね・・。
樹里ちゃんは、イキップリが良いですね。のどが脈打つくらい・・、凄く呼吸が荒くなって、(最後のチャプでは、むせてますが・・('∇'*) 一度ならずすぐさま逝きまくります。ですので、69状態(、バイブを使わず)ではなく、徹底的なイキまくりにさせた方が凄かったような・・。
痙攣したりしないんですが、本気で逝っている樣を見ているようです。この子のも、最近ご出演がないのですが・・、いいネコ役だと思うんですけどね・・。

背中を舐められると、ビクット・反応しますね・・。舐めがお好きな方は、このシーン、好物シーンになると思われますが、舌でベローとしますしね・・。(^-^ )

イヤではないのですが、手で、サワーと撫でるようなシーンも入れて欲しかったですね・・。φ(・-・ )

2005/12/10 U&K | コメント(-) | トラックバック(-) |

考察 

お奨め度:★★★『女子校生れず先輩と私(34)』
レーベル:アップル
収録:60分
監督:-
出演:葉月あゆみ&姫夕鶴

道具:使用なし
私評:★★★★(他社に比べて安心して拜見出來る所・・、細々な點では色々あるんですけどね・・。)

表題
◇ロッカールームにて
◇教室でも
◇私の部屋でも

U&Kさんの場合、微妙に色々と變化しているので、この巻では、各チャプごとに、上記・表題を付けていますね。

展開
 ロッカールームに、入ってきて、水着から着替え?・・・ようとしている、あゆみc 先ずは、タオルで拭きで、と、と、隣のロッカーを開けだし、そこに掛けてある、制服をギュ・・
”夕鶴ーーー”・・
・・・”先上がるね オサキー”と、聲がし・・・
慌てふためく、あゆみc バタン、轉んでしまい
その物音で、
”何?誰?”・・・・ロッカールームに行くとそこには・・。
”あゆみ~””だいじょうぶ””あゆみ”
・・・助け起こし
”あゆみ死んじゃったと・・・””良かった”
抱きしめ、今生の再会を喜ぶかのように・・
密着系のキス・・・
ここから先、、 ネタバレを含みますので、お気をつけ下さいね。



近くの長椅子に移り、キス・胸舐め・水着の上からの指マン・・。
あゆみのイキ、(魅せ方がいまいちかもしれませんね)
で、夕鶴とのレズは・・・。

あゆみちゃんの夢うつつな幻影だった!!?
覚めた、あゆみは、尚も 夕鶴を・・・・
恐れおののいてしまった 夕鶴、そこから、逃れ・・・、アッと転んでしまい・・・。
それ幸いと、夕鶴を物にと、鬼気迫る感じな あゆみ・・・。

舞台は変わり、教室
「ハぁ」たそがれる、あゆみ・・・
「ワッ」 おどかす、夕鶴
「まだ帰んないの・・・」「帰ろうか~?」「帰ろ・・」
こないだの頭をぶつけた事を心配する、夕鶴・・

あゆみの顔に近づく、夕鶴、チャンスとばかりに、キスを・・。
それをきっかけに、何かが壊れたかのように、抱きつく、あゆみ

ちゅっと、キスされ、戸惑い逃げる、夕鶴・・に
「ダメ~・・「どうしたの・・「イヤッ 「もう離さない・ぃーー 「すきぃ・・」
密着系のキス、チラッと、夕鶴の顔を嘗め回す、あゆみ
珍しいのが、強引に、自分の胸・あそこ、夕鶴の手を導かす、あゆみ
そこから、手マンに持って行かせ、いき果てる、あゆみ、 
きっきりとした、手マンではないにもかかわらず、結構しっかりイチャウンですよね。あゆみちゃん・・。
また、通常なら、キスで終わり・・ラブラブな感じにさせる所なのですが・・。
「夕鶴愛している・・」とキスを迫ろうとすると・・

バッと、引く、夕鶴・・、ハタと自分のした事に気づく?・・あゆみ
その顔には、一滴の涙が・・・・

なんともいえない表情の、夕鶴・・・、夕闇に浮かぶその姿・・・

どうなる、あゆみ、そういえば、体操着を着たまま・・・・教室から立ち去ったんですよね・・。

夕刻のあゆみの家

自室に入り、バザーと、布団にダイブ。。。。
体操着のまま、何も持たず、ただ、夕鶴への思いだけが、から回りしてしまったことに、逡巡する、あゆみ・・・。モジモジと、抱き枕に、絡みつく、あゆみcが可愛いです。
嘆いてばかりではダメとばかりに、机から、・・・(まじめな生徒なんでしょうね。携帯電話、学校へは持っていってないようで・・2台?笑)

そうだ、うん、という感じで、携帯に祈りを込め、
「カミサマー、もう絶対、あんな事しませんから・・、(足をばたばた)夕鶴と、今までどおり(そこへ)オネガイ 」、思いを込めて、送信(on/押してください)  (劇中の着信音は、コレとは違いますが、、)

あゆみの制服と、鞄を持ってきてくれた、夕鶴が、なんと、そこに立っていたのだ・・

メールを読み上げる、夕鶴
「ホント・頭打ってて、どうかしてたみたい、
もうあんなことしないから ごめんしてくれるぅ?」 
良くそんなカッコで、帰れるよね。あたしにしたことより、そっちの方が、恥ずかしくない、」不思議な会話なんだけど、結構面白いやり取りですね。("▽"*)
又、不思議な問答がありますね・

「溜まってるの?」ウウン
「ジャ本当に頭打ったせい」ウウン
「私のこと好きなノ?」にっこり、ウン
「どこがすきなの」、ウーン
「もぉー」
「私とあんな事がしたいの・・」満面の笑みでうなずく
「ウーーーン」
「一回」嬉しそうに微笑む
「一回だけなら良いよ」「ホント・夕鶴・^^^」と、飛びつく、あゆみ
「一回!一回だけだからね!」聞いちゃいない、あゆみ・・。
キス、夕鶴に、胸舐め 足指舐め・・ 下着の上からクンニ
「夕鶴のおまた見せて」と、指入れつつの、直クンニ 

感じてる顔、いい顔するんでよね。夕鶴チャン

指マン・・・で、イキ果てては、かは疑問な感じだが・・
今度は、夕鶴が、自らに対して指マンした、あゆみ手を舐め、責めに変わり・・
胸舐め、下着クンニ
あゆみちゃん、感度が高いのか、ビクビクしまくりです・

69・・貝あわせ・・ で、二人が行き果て
「◇¶е℃だから、着てみなよ」と、あゆみcに、制服を着せる、夕鶴c
「へへッ」照れながら、下着を着ずに、着始める、あゆみ
・・「見慣れているからなぁー・・・気づかなかったけど、・・・似合って可愛い!!」
「ほんと!!!!!」と、嬉しそうに抱きつき、キス
あゆみを立たせ、指マン・・

ビクビクと、果て

「あゆみ、愛してる」 「どこ・・」
「ウーン」「もウッ」と、夕鶴に飛び掛り、・・・・fin

もう、あれですね。葉月あゆみちゃんの怪演が、すざましかったという感じですね。
あゆみちゃんに、、翻弄されっぱなしな、夕鶴チャンという感じでしたね。
お二人さん、休憩中どんな話をしていたのか、メイキングを入れて欲しかったくらいです。(^^;

あゆみちゃんの部屋に飾ってある、ついたて、多分ですが、
オードリー・ヘップバーン,とグレゴリー・ペックが写っている 『ローマの休日』のワンシーンの写真では思いますが・・??、オードリーさんだけでも良かったかもね・・、(笑)

展開でも書いたように、レイプ風ですが、攻めるんじゃなくて、受けっていうのが、変わっていて、感度がよほど高くないと、難しいような気がするんですが、中々良かったですよ。
ただ、U&Kさんの場合、カメラワークが、ちとね・・。そこら邊で、多少いらつくお方も多いでしょうね。
でもまあ、コレでもかというくらい、緩急をつけて、設定考えますよね。そこは賞賛いたしたいですね。
姫夕鶴ちゃんが、少し、制服の着衣に、違和感があるという感じられるお方もおられるとは思いますが、先生設定の方が似合っていそうと・・。
ですが、乱れる姿などは、結構良かったですね・・。

電波な子に振りまわれる、優等生という感じでしたかね?・・。(笑)

ただ、あゆみちゃんが、始終、「夕鶴・・」と、可愛いんですが、言わせ過ぎな感も・・・
後、今囘、ロッカールーム内で、あゆみちゃんが、カメラに手をぶつけていたり、教室内では、夕鶴ちゃんが、カメラに頭をぶつけていますが、それでも、演技続けていて、お二人の女優魂を感じさせられました、というか、。それだけ、カメラが寄っていたという事なんですが・・・。それくらい寄っていたかと思うと・・、
ロッカーローム内では、カメラが、ロッカーの上から二人を見下ろしというカット割りがあったのですが、ちょっと高すぎな感じを受けましたね。後、カメラがパーンした途端、ローションまみれになっていたりと・・、φ(・-・ )

2005/11/23 U&K | コメント(-) | トラックバック(-) |

考察 

お奨め度:★☆『女子校生れず先輩と私 65』
収録:72分
レーベル:アップル
監督:-
出演:柚木ひかる孃&小倉杏孃


展開
*乙女な二人の純情物語?
▽降りしきり雨の中、お互いの思いが交差する・・・
▽思いの交差が、重なり愛に・・
▽打ち解けあい、バイト先のメイド喫茶?での就業後 ちょっぴり、おせんちになる、杏
▽ひかるちゃん、ちょっと意地惡・・ 今度は、杏が、ひかるちゃんを・・・
▽映画鑑賞デートし帰宅、
ひかる「・・・あの男の子、杏とお似合い」と、半ばからかい氣味に、まじめに受けとってしまう、杏・・・そんな、杏を、益々いと恋しく思う、ひかる・・・ 
道具:使用しておりません
私評:AVというより、Vシネマッぽい匂い?・・・。最初のチャプターだけですが・・、このようなモノもAVでありだと思いますが・・。 プロローグ:★★★★ 他のチャプ:★★☆
U&K作品も、昔に比べると、長くはなってますし、72分に、濃縮されていますが、短いよー 
このお二人、他のU&K作品では・・(笑)
お奬め度が低いのは、絡みの點が弱いという面があるかも・・・
ベロベロ系では、まったきありませんし、狂おしい激しさはないですので、おままごと的レズになっているかもしれませんが・・。(^^; 
一部に、微妙さはありますが、どキュんでハキュンで、スギュンでバキュン、 d(^ー^*) グットでした。それでもねという感じもあるんですよね。ヾ(^^; (オイオイ)
 結構レズ物の場合、キャスティング的な面で・・という場合も、今ままでの『先私』でも、ニ~三本ほどあったりしました、片方の女優さんが・・・どうも、琴線に響かないという女優さんの場合が・・。
オンリーものに、ご出演下さっただけでも、喜ばなければいけないとは思いつつも、やはりね。ですが、今囘は、柚木ひかるちゃんが、少しうーん・・・な感じもありましたが。。ただ、中々いい組み合わせではと思います。可愛い系の 杏ちゃんに、少しきつめな綺麗系の ひかるちゃん、いいコントラストでした。
新しい方が、脚本を書かれたとのことですが、
導入部は、ハラショです。ただ、すごーーーーーく、殘念なのが、BGMですね。選択誤ったとすら思います。まあ、惡くはないのですが・・。男性ボーカルっていう點が、私的にはダメでしたね。イヤフォンを外せばよいのですが、そうすると、周りの音が氣になり、画面に集中出來ませんので、・・。選曲自体は惡くはないと思いますよ、あっていると思いますけどね。インストロメンタルで探して欲しかったです。それを差し引いても、凄くいいです。AVですから、そこら邊は、どうでもいいのかもしれませんが、導入部、今までの『先私』も、いい感じのものも多かったのですが、集大成といっても過言ではないくらい、すばらしい。絡みについても、いきなりドボドボにはならないので、ナチュラルな感じが、惡くないと思っておりますが、個人の勝手な思い込みですので、この効果を保障するものではありません 
 貝あわせシーンもないし、その面では、大人しめで、もっと激しく、、激しい方がいいというお方様だと、物足りなさを感じる方のほうが多いと思います。
 杏ちゃん、レズNGという話をどっかで讀んだ氣がしますし、ひかるちゃんも、NGではなさそうですが、初っぽいので、上手いという感じではないかもしれませんが、最終キャプは、二人の息があってる、そんな感じでよかったと思いますが、、たまには、こんなライトな作品に浸ってみるのも良いのではと思いますが・・、いかがなものでしょうね。(^-^;)
 今流行りの、メイド喫茶風な衣裝、服裝はまあいいのですが、頭のカチューシャ?が、元々の、メイド喫茶の衣裝を雜誌で見る機會もあるのですが、どうもという思いが強かったのですが、今作に関しては特に、絡みになっても、とらないですし・・・。なんかおかしく、冩ってしまい、このような物だったら、ゴスロリっていう設定での絡みの方がよかった樣な氣が致しました。
 体・・・(略)が、なかったのが痛かった・・・(笑) あまりU&K掲示板では、体操服(ブルマ)、イマドキの女子○生は、着ませんよという事で、評判が宜しくないようで、着用率が減っているように思え、、少し殘念ではありますね。スク水は、私はあまり好きではないので、そこは、競泳水着が良いので、そこら邊では、偏狹的趣向がありますが・・・・・・・・。(ノ^∇^)ノ
 二人の關係を説明するテロップ、元々テロップというものではないようでしたが、読んで、なるほどなとは思ったりしましたが、讀んでしまうというお方が、どのくらいおられるのか分りませんが、讀むには長いですかも・・。("▽"*)
U&K掲示板で、製作担当さんが、仰っておられましたが、、お二方に、關係を把握してもらうためにこしらえ たものとの事です。
最終キャプでの二人の密着具合は、なんとも言えず魅力的でした。
杏ちゃんのレズオンリーが拜見できたのが、一番の収穫でした。
ヾ(^∇^*)乂(=^∇^)ツ彡 
杏ちゃん、可能なら、、また、レズ作品へ、ご出演下されるといいんだけど・・。
φ(・-・ )

続きを...クリックされますと、音楽が流れますので、怨靈に・・・じゃなくて、ヾ(^^;  音量に、ご注意下さい!!
2005/09/27 U&K | コメント(1) | TB(0) |

考察 

お奨め度:★★★『女子校生れず 先輩と私 28』
レーベル:U&Kコレクション
監督:-
出演:出演:泉星香孃&桜井あゆ孃

道具:殆どありません。
二人の中を進展させる小道具として、ドーナッツ・ビデオを使う感じですね。

総評:★★★☆ (星香ちゃんのリードのうまさと、あゆちゃんのとろけ具合)
展開
◇徐々にレズの虜になっていく後輩
∇下校途中でしょうね。
ちょっとした公園?のなにか施設前で、先輩からドーナツを食べさせてもらう あゆちゃん。じゃれあったりしつつ、最後は、二人でドーナツを食指のキス。
∇星香の部屋で・・・
星香が、隱し持っていた、ビデオ(レズものでしょうね?)ビデオを直にベットの脇から出していたので、レンタル??(微笑)
途中、照明を落とし暗くし(今だと逆になりますよね。TVは明るくしてみましょうの注アニメが多いですが・・。)徐々に、あゆの太ももに觸れたりしながら、レズの世界へ・・・。
∇はまってしまった、あゆは・・・
先輩の机で、(最初は、分りませんでしたが)先輩の部活?終わりを待つ あゆ、そこへ、体操着で、星香先輩が・・・。待っててと、着替え始めるも、ムラムラしてしまった、あゆはもう。。
∇星香の部屋で・・・。同じ流れを期待したい あゆ
もう、自分から率先して、ビデオを探し出そうとする あゆ、そんな あゆをかわいく思う 星香。スカートをめくったりと茶化しつつ・・・

もう、滿點をあげたいくらい、いい流れに、二人の絡み合い、59分と短い(最近のAVに比べると)ですが、密度の濃い時間を過ごせます。
ドラマっぽい感じは、殆どありません。二人の仲のよそを覗き見しているという感じでいいです。
言を多くして、どうのと言うより、ビデオを持っておられないお方なら
好みがあるので、強いてとはいえませんが、價格もDVD復刻版で、お安いので・・見て損はないと思ったりはしますが・・・。
最初のキスでは、唾が、あゆちゃんの口周りについていたりしてますが、、非常にいいキスですね。程のいい感じでの舌出しですし、(苦笑)
ただ、全裸には、ほぼなっていないという感じですので、全裸での絡みが、お好きなお方には、脱いでほしいという感じもあるでしょうね。
ローション好きなお方も、今囘はありませんので、、、物足りなさを感じるかも・・・・・・・。(^-^;)
イキップリとしては、最終シーンでの星香さんが、多少ビクビクってなる感じです。
上手く表現出来ませんが、2チャプターでの二人の間が、とても素晴らしかったです。   φ(・-・ )

2005/08/30 U&K | コメント(-) | トラックバック(-) |






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。