FC2ブログ








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

考鑑 

お好きな人には良いですが・・。お奨め度:★★★☆『ナチュラル・ウーマン』
製作:KSS
原作:松浦理英子
監督:佐々木浩久
出演:嶋村かおり&緒川たまき 
中島ひろみ 他
収録:83分+劇場予告編 


私評:★★☆(中々良かったです・・)

小説が、映画化になり、DVD版になって發賣された作品です。(商品画像は、VHSバージョンです) そのため、シネマサイズで、質感もあまりよくありません。
純愛なのか、屈折した何かなのか、幻影的なシーンが多いです。
松岡正剛の千夜千冊『ナチュラル・ウーマン』 松浦理英子 松岡正剛氏の作品批評を読むと、実際の小説を読んでおりませんので、なんとも云えませんが、原作に比べて、この作品自体は、随分とライトな作品に仕上げている感じですね???

展開
才能がありながらも、清掃のバイトをしながら、細々と雜誌に、虚無的な劇画を綴っている、容子(嶋村かおり)、バイト先で、知り合った由梨子(中島ひろみ)に、心惹かれるも・・
5年前、漫画同人サークルで、知り合った花世(緒川たまき)、お互いの才能を認め合い、認め合うが故に、辛らつに批評しつつ、惹かれあい、それがゆえに、・・・
花世の幻影から、逃れなれない容子・・。
容子は、花世との思いを、自らに背負いながらも、新たな戀が・・

悲劇的とでもいう様な、レズビアン學園シリーズであったあの終わり方です・・・・。新たな戀が、始まる予感がせめてもかも・・?別な葛藤が生まれる?

緒川たまきさんというと、最近では、トリビアの泉に、ご出演されていますね。昔、日曜美術館の司会をなされておられていて、不思議な魅力を持っている方だなーと思っていたので・・
随分前からこの作品に関心があったのですが、ようやく購入致しました。
彼女自身、何か幻想的な感じを持っておられる風貌で、はまり役でした。

 レズシーンも、少々出てきますが、良いです。(最近、お寶系サイトで、緒川さんの胸が、、ということで、そのシーンが、出囘っているようですね。)
言葉では、表現出來かねますが、これが、女性同士のエロティシズム表現の一つではと、感嘆いたしましたね。ブラボーでした。""ハ(^∀^*)パチパチ♪
 画面が暗いのは、しょうがないですし、幻想的なシーンにしているので、淡いエフェクトがかかるのは致し方ないですが、激しくもあり、切なくもあり、ピュアであり・・。
ここまでやってしまうのは無理でしょうが、近い感じを、AVでも見たいですけど・・。
通常のドラマシーンの方も多いですので、・・・それ向きを求める方には ……
後、絡みのシーンも、いい所で終わってしまうという風でもあり、寸止め感がありますので、それ向きには不向きでしょうね。(^^;
 これがよいとか書くと、なら、AVより、Vシネマとかに、期待すればというお方が、おられたりするかもしれませんが、まあ、そうなんでしょうけど、通常ドラマシーンが多いので・・・。興奮度合いが・・・ねぇ (;´▽`A`` 
女優さんのみのVシネマ、となると・・・・。あるのでしょうかというくらいそういう作品は、ないのではと思いますので、AVに期待してしまうんですよね。・・。結構演技力のある方もおられますしね。

エロティシズム感あふれる絡みのあるAV作品を、お願いしたい所ではありますが・・・。お嫌な方も結構おられると思いますし、難しい所でしょうけどね・・・・
_〆(・-・ )

続き....を、クリックなされますと、BGMが、流れますので、ご注意くださいませ・・。
スポンサーサイト
[PR]

2005/11/18 邦画 | コメント(-) | トラックバック(-) |






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。